2021年01月27日

いつもと違う年末年始

こんにちは、専務です。

今年は感染防止のため、社員で集まる行事は、納会も発会もリモートで行うという変わった年末年始でしたあせあせ(飛び散る汗)

2021の年越しも、
親類との集まりもなく、親兄弟とも会わないという、とても静かで寂しいお正月でしたふらふらダッシュ(走り出すさま)
きっと皆さんも同じように違ったものだったのではないでしょうか
来年もこんな感じになるのかと少し寂しく感じましたたらーっ(汗)

時間はあるけど、どこにも出掛けられないので、
結局はこたつに入ってテレビを見ることになりましたTV

様々なスポーツやイベントの開催が中止されるなか、
97箱根駅伝は無事に開催されましたねくつぴかぴか(新しい)
毎年楽しみにしているので、開催されて嬉しかったです。
夢中でテレビにかぶり付きました目

以前にも書きましたが、箱根駅伝をご存知ない方のために、少しだけ箱根駅伝についてご紹介しますひらめき

箱根駅伝とは、約100年前から行われている、関東の大学だけが出場できる大会で、東京の大手町-箱根間を1チーム10人でタスキをつないで往復する駅伝です。

箱根駅伝に出場できるのは、
昨年の上位10校と、予選会の上位10校、そして、出場できなかった大学の中から選抜された関東連合の10人、合わせて210人のみが走ることを許されます。


箱根駅伝で知っておくべき2つの要素があります。

@シード権
多くの選手は、子供の頃から箱根駅伝に出ることが夢であり、大学を選ぶ基準は、箱根駅伝に出られるか出られないか、なのです。
したがって、シード権(本大会で上位10位以内に入ること)を取ることは、在籍している選手にとっても、優秀な新入生を得るためにも、とても重要な目標になります。
10位と11位では、天国と地獄なため、このポイントに注目した中継がなされます。

A繰り上げスタート
公道を走る箱根駅伝は、学生が走っている間だけ車線規制を行います。
そのため、先頭と一定以上の差がついてしまった場合、交通混雑などへの配慮から次の走者を強制的に出発させるルールです。
復路では先頭から20分以上遅れると繰り上げスタートとなり、タスキをつなぐという駅伝の本来の目的は、その時点で途絶えてしまいます。
中継所に居るはずの次の選手が居ないこと、もう見えているのに目の前で繰り上げスタートされることもあります。
あまりに大きな無念さにより、泣き崩れる選手も少なくありません。

この2つの要素が、箱根駅伝をドラマチックにしていると思います。
今年は210人中、ゴールで倒れこんだ選手は40人だったそうです。
体力の限界と使命からの解放感によるものだそうです。そして倒れる自分を受け止めてくれる仲間への信頼感があるからこそです。
自分の限界を突破して頑張る姿感動
、また今年もしてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)

情熱を注いで何かを成し遂げようとする姿って、人は応援したくなりますよね晴れ

でも、仕事のし過ぎはダメですからね
ちゃんと年休消費して鋭気を養って生産性を上げて
お仕事頑張ってくださいexclamation

では手(パー)かわいい



posted by STplanning Staff at 18:20| Comment(0) | 日記

2020年12月24日

第十五回:続・見えない敵!!

師走の候、皆さんお元気ですか?
こんにちはわーい(嬉しい顔)3月以来登場シマムラです!ぴかぴか(新しい)

寒いですね。
冬という季節をひしひしと感じております。

が…。

未だに全世界でWithコロナとなっておりますが、終息はいつになるのでしょうか?
イギリスではようやく病院ワクチン投与が開始されたようですが、
やはり出初めの投与は不安ですねたらーっ(汗)
やってもやらなくても怖いというのは始末に悪いですが・・・

我が社もテレワークに慣れて来ており、たまに会社に行く時は億劫になってしまいますふらふら

本当は早く元に戻って、皆と一緒に仕事が出来れば良いのですが、
全社員がテレワークという言わば新しい仕事のカタチなのでしょう家
業務としてまかり通っているので、事務所必要?なんて事も考えたり考えなかったり・・・

いずれにしても、各自で気を付けるしかないと思うので、もうしばらく頑張りましょうグッド(上向き矢印)

明るく楽しい話題が出来る世の中に戻る事を祈念して
今回はこれにて、それでは皆様良いお年をexclamation


I'll be back (^o^)/~



posted by STplanning Staff at 18:17| Comment(0) | 日記

2020年11月25日

テレワークを続けてきて思うこと

どーも、ご無沙汰しておりますexclamation
ムーですひらめき

前回から約1年振りの登場になります。
もはやレアキャラですねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

それにしても、今年はコロナ一色でしたね。現在進行形で状況が悪化してきているようですが。。。
もう4月より前の生活が朧げな記憶として風化しつつありますあせあせ(飛び散る汗)

でも不幸中の幸いと言いますか、IT業界は他の業種と比べて在宅業務がしやすい傾向にあるので、コロナ禍でも比較的変わらずに仕事を進められています。これはかなり有難いですね晴れ

とはいえ、在宅勤務も良いことばかりじゃありません!
約8ヶ月間も続けていると、それなりにマイナス面が見えてくるようになります。

仕事面で言いますと、
まず同僚や部下とのコミュニケーションが激減しました。


人と人との会話で一番大事なものはボディランゲージと言われるくらい、対面でのコミュニケーションは相互に伝わる情報量が多いです。
それをZoomやSkypeの画面越し、音声越しだけのやりとりに置き換えると、圧倒的に伝わる情報量が減りましたふらふら
簡単な雑談で済む話も、時間をとってZoomで話すといった煩わしさが増えることで、安易にしなくなりましたバッド(下向き矢印)

この辺は継続的に改善の努力をしていかなければならない課題ですね手(パー)

仕事以外ですと、やはり問題になるのが『運動不足』でしょうか。

一日中同じ席に座っていますし、出社していた頃のように、ちょっと歩いて気分転換をするなどもしなくなったので、どうしても体が鈍ってしまいます。
酷いときには、昼食もPCの前で済ませてしまい、外の世界が晴れているのか雨が降っているのか、暑いのか寒いのか、全く何も知らずに夜を迎えることもしばしばあります夜

でも最近は流石にいろいろと体調面を気にするように心掛けているので、機会があると外に出ては身体を動かしていまするんるん
この一週間は暑かったり寒かったりと謎の天候が続いて気温の変化が激しかったのですが、もう冬がすぐそこまで来ているのが肌で感じられるようになりました。
木々はまだ追いついていないのか、それなりに紅葉しているところが多いですね。

Image_20201125_012912_加工済.jpg


はてさて、この先世の中どう転がっていくのか、見通しが立たない状況が続いていますが、これからも体調に気を付けながら、全集中の呼吸exclamationで健康のまま乗り越えていきたいと思います手(グー)ぴかぴか(新しい)

ここ数日また寒くなってきたので、皆さんもインフルエンザや風邪などコロナ以外にも色々とお気を付けください。

それでは、また次の機会に!

Image_20201125_012505_加工済.jpg



posted by STplanning Staff at 18:21| Comment(0) | 日記